« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月 9日 (土)

『モノクロの視界』

少し眠たい午後三時

窓から外を眺めると

絵のような風景に

私は思わず飛び出した

言い訳が欲しかった

皆にも納得がいくように

君を連れて

風を感じたくて

私と君で外に出た

一歩 二歩 三歩

周りはだんだん暗くなった

雲が覆いつくすように

空の青は消えていった

生ぬるい風 頬を擦り撫でてゆく

遠くで地平線が揺れている

ピアノの演奏が聞こえた気がした  

太陽のいない昼下がり

私と君は歩き出す

雨はまだ降りそうにない

上で風が唸っている

青い空が今は灰色

電灯がSOSと点滅し始める

足元がよく見えない

視界が灰色で埋めつくされてゆく

私と君を繋ぐ綱 強く握りしめて

灰色の中から浮かび上がった

綺麗な色でさえも 

白と黒にわけられて

何処か寂しげに

自分の出る幕を探しているのか

色は私の眼から去っていく

君の眼に映る世界

きっと私と違う色

私は黒い服を着て

白い犬を連れている

道はモノクロの世界

****************

いかがでしたかっ?!(*≧m≦*)

上の詩にある「白い犬」はぅちの

ななサン(犬)でっすw

ゎたし的には5連が好きかなぁ~

皆さんは何処が好きですか?

| | コメント (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »